あと一歩~TOEIC900・診断士受験・ビジネス書~
   130%の力で30度上を向いて毎日を過ごしていきたい。ビジネス書、TOEIC、資格、etc…。自己啓発のつもりが自己満足?ちゃんと活かせてる?たぶん、それが出発点。
取得目標(2009)

■英語
TOEIC870⇒900⇒950
TOEICリスニング満点

■資格
・中小企業診断士

■目標達成・合格
・TOEIC950
・TOEICリスニング満点

Profile

かい

Author:かい
年齢:20代後半
趣味:映画、音楽、
海外旅行、読書、料理

<仕事の変遷>
経営企画⇒商品企画⇒マーケティング

■取得資格
証券アナリスト、簿記2級、
宅建、初級シスアド 他

■TOEICスコア履歴
2009年03月:950
2009年03月:880
2009年01月:875
2008年11月:870
2008年10月:850
2008年09月:755
2007年03月:730
2007年01月:755
2006年11月:755
2006年10月:700
2006年09月:735
2006年03月:725
2004年09月:645
その昔?:550くらい

■使用・所有教材一覧
  ブクログ本棚

カテゴリー


合格体験記

宅建
日商簿記2級
日商簿記3級
FP技能士3級
ビジネス実務法務3級
証券アナリスト1次試験
証券アナリスト2次試験

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

最新コメント(記事毎)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

【--/--/--】 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
【2008/05/25】 ファシリテーションって、自分に合っているのか?
仕事柄、会議の運営や、取りまとめをすることがあります。
まだまだぺーぺーなので、基本的に参加者は上の方ばかり。
初対面の方が多いこともあります。

ですので、必要なのは、先頭になってまとめていくのではなくて、
うまくみなさんの意見を引き出していくことだと思うんですよね。

ミーティングとか、どうしたらいいものなかなぁと悩んでいたときに
出会ったのがファシリテーションという考えです。

そんなこんなで、ファシリテーションの本を読んだりしています。
自分に合っているなぁと思ってます。でも、実践していくのは、難しいですね。

私自身の性格上、リーダシップよりもスポンサーシップっていう方が
性に合っているのかもしれません。

なぜ合っていると思うのかというと、
自分がしゃべりたいか、
相手の話を聞きたいか、
日常会話だと、どちらかといえば、私は後者です。
色んな人の話を聞くのが好きなんです。自分と違う人ほどおもしろい。
インタビューアーという仕事があるなら、それもいいかもと思ったことも
ありました(適性に欠けると思いますが…)。

ファシリテーションが合っているとかと、論点がちょっと違うかな??

一対一の会話のはじまりって、極論すると、2つのパターンしかないと思います。
①私は~~。
②あなたは~~?

主語が3人称でも、結局は、私は~~と思うか、あなたはどう思う?に
行き着くような気がします。

みなさんは、①と②どちらが多いですか?周りの人は?
暇なときに意識して観察してみるとおもしろいと思います。

私は、②が比較的、人より多い気がします。

例えば、美容院。
みなさん、美容師さんとの会話ってどんな感じですか?

私の場合、私から質問する方がかなり多いです。
おもしろいんですよね、みんなそれぞれで。


話がそれましたが、会議とかでも、みなさんの
意見を聞くようにしています。

そんなに思ったようにうまくいかないことの方が
圧倒的に多いですけどね。悪戦苦闘の毎日です。


以下、読んでおもしろかった、参考になった本です。
直接関係ないものもありまし、合う合わないはあると思います。
でも、なんとなくひとつに括っている本です。


ファシリテーションといえば、堀公俊さん。

どの本も読み返しますけど、比較的
読みやすい、実行しやすい順に並べてます。
どれを読んでも、当たり外れはないと思います。
必要に応じて、使い分けていけばいいのではないのでしょうか。



今すぐできる! ファシリテーション (PHPビジネス新書)今すぐできる! ファシリテーション (PHPビジネス新書)
(2006/11/18)
堀 公俊

商品詳細を見る




ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法 (ファシリテーション・スキルズ)ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法 (ファシリテーション・スキルズ)
(2006/09)
堀 公俊加藤 彰

商品詳細を見る



ファシリテーション入門 (日経文庫)2110262/onemorestep0d-22" target="_blank">ファシリテーション入門 (日経文庫)
(2004/07)
堀 公俊

商品詳細を見る


問題解決ファシリテーター―「ファシリテーション能力」養成講座 (Best solution)問題解決ファシリテーター―「ファシリテーション能力」養成講座 (Best solution)
(2003/02)
堀 公俊

商品詳細を見る




チームビルディングというジャンルの本で、なかなかおもしろい本でした。ちょっと参考書的なので、実践でどこまで使えるのかは未知数です。

3章・4章だけ読んでもいいと思います。5章はあまりいらないような…。

「ベクトル」「プロセス」「ヒューマン」
チームを3つの要素から捉える視点は参考になります。
プロジェクトチームを作る際とかに使える部分もあるかもしれません。


チーム・ビルディングの教科書―組織力向上のための最強メソッドチーム・ビルディングの教科書―組織力向上のための最強メソッド
(2008/04)
ピープルフォーカス・コンサルティングハイ

商品詳細を見る



ファリシテーション、会議と直接関係ないのかもしれませんが、柴田昌治さんの本は、そもそも論のところで、色々ヒントが散りばめられています。

会社の問題で、取り上げられているものが、「そうそう」「なるほど」って思うことが多いような気がします。変革する部分に携わるときなど、参考になります。

なぜ会社は変われないのか―危機突破の風土改革ドラマ (日経ビジネス人文庫)なぜ会社は変われないのか―危機突破の風土改革ドラマ (日経ビジネス人文庫)
(2003/11)
柴田 昌治

商品詳細を見る


日経ビジネス人文庫 なんとか会社を変えてやろう 実践ガイド・企業風土改革の進め方 (日経ビジネス人文庫)日経ビジネス人文庫 なんとか会社を変えてやろう 実践ガイド・企業風土改革の進め方 (日経ビジネス人文庫)
(2004/01/07)
柴田 昌治

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

▲TOP
【2008/05/18】 マクロは辛いよ。
証券アナリストに苦戦中です。

特に経済。経済はひとつひとつ積み重ねて理解していかないと、
前に進みませんよね。おもしろいといえば、おもしろい。でも、
なかなか難しい。苦戦。2次の経済は、現実と理論を行ったり来たりする
問題が多いので、それは結構おもしろいです。

でも、難しいなぁって頭を悩ませるのは嫌いじゃないんですよね。

学生時代、ミクロ経済は好きでした。
まだ身近だし、数学で理解できるところが多いし(当時はまだ理系の
頭が残ってましたので…)。

証券アナリストの中心はマクロ経済です。
学生時代と違い、今は、マクロもおもしろいのかもなぁ
って思います。時事問題解説?みたいな感じというか。

メルマガで紹介されていて、たまたま買ってみた本ですが、
試験内容の理解を助けてくれる内容でした。試験と関係なくても
わかりやすくて、コンパクトにまとまっている本だと思います。
ニュースがちょっとだけわかりやすくなるかもしれません。

最新キーワードでわかる!日本経済入門 (日経ビジネス人文庫 ブルー み 6-1)最新キーワードでわかる!日本経済入門 (日経ビジネス人文庫 ブルー み 6-1)
(2008/05)
三菱総合研究所

商品詳細を見る


試験勉強の上で、私なりの対策方法のひとつとして、
試験で重要だけど、理解できていない部分、ボトルネックを
見つけて、解消していくこと、というのがあります。そうやって
ちょっとずつ底上げして、後は、問題集を回転させていくという
スタイルを取ることが多いです。

理解と暗記のバランスです。理解できないと覚えられないところは
時間を割いて理解する。そして、覚える、です。

現状は、以下の通りです。
経済;IS-LM分析の弾力性と金融政策・財政政策の有効性
財務:退職給付、税効果会計
証券:デリバティブ(特にオプション)

LM曲線の弾力性の部分、イマイチすんなり理解できないんですよね。

頭の悪さが身にしみますね…。
自分が思っているよりも、論理的思考が苦手なのか?なんて
思ってしまいます。

ハーマンモデルで、左脳大脳型だと思っていたのですが、
違うのかもしれません。


証券アナリストのマクロ経済が難しいおかげで、
久々診断士の過去問見たら、かなり簡単に見えました。
成長、成長。

▲TOP
【2008/05/12】 歌ブログって知ってます?
Gyaoの歌ブログってご存知ですか?

http://www.gyao.jp/utablog/

簡単に言うと、カラオケ動画投稿サイトです。
私はカラオケ苦手ですが、音楽は好きなので、
歌のうまい人の歌を聴いて感心したりしてます。

プロってすごく遠い感じしますが、アマでうまい人だと
身近な感じがして、素直にすごいなぁって思えます。
別世界の人ではなくて、すぐそこにいるような人の歌が
うまいっていうのがいいんだと思います。

個人的に好きなのは、「ポッポ」って姉妹2人組です。
歌はうまいし、姉妹それぞれ持ち味があって、声も結構好きなんですよね。
お姉さんの歌も外見も日々変わっていくなぁっていうのがおもしろかったり。

RYTHEMの曲をたくさん歌っていて、本家も好きなんですが、
それ以上に、この二人が歌っている方が好きです。不思議なものですね。

このサイトでは有名な人みたいです。

歌ブログというサイトの中で有名っていうのが、
世間的に見てどれくらい有名なのかっていうのが、
よくわからないですけど。

どんな世界でも一番になるっていうのは大切ですよね。


てことで、また本の紹介です。

まずは小さな世界で1番になるまずは小さな世界で1番になる
(2006/03)
江村 林香

商品詳細を見る


なるほどーって思う部分もあったり、なんだかなぁって思う部分もあったり。
でも、大切な考え方がたくさん載っていると思います。

何かを言い訳にして、今を諦めないこと。大切ですよね。



テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

▲TOP
【2008/05/11】 水野敬也 「夢をかなえるゾウ」
今週末は何もしない、何も進まない休日でした。
それがいいのか悪いのか。

はーってなって、日曜の夜を迎えることが多い
今日この頃です。ネガティブスパイラル。

テンション ↑ ↑ でいきたいものですが、
最近、なんでしょう、この心境。

なんかこういうときは、本を読んでしまいます。
試験前に部屋を掃除したくなるのと似てるのかもしれませんね。

現実逃避ジャーニー。

久々読んだ本はこちら。

夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウ
(2007/08/11)
水野敬也

商品詳細を見る


本屋さんで最近1位取ってたりしますね。
ドラマ化するのかーって、ぼんやり思ったりしてました。
プロモーションに力入れてますね。

この本は、発売当初、オススメする人が多かったので読んだ本です。
久々読み返しました。

いくつもの成功法則をまとめ、コント仕立て(?)にしてあります。
おもしろいんですよね、これが。うまないなぁって思いました。
読んでから実際に行動移すまでのハードルが低くなるような
構成です。私も初めて読んだとき、実際行動したものがいくつかあります。

結構いい感じなんですよ。

靴をみがくとか、トイレ掃除をするとか、そんなのなんですけどね。
本を読んだだけだと、「ホントかよー」って思いますが、行動してみると、
なんかいい感じでした。実行したからいいことあった、っていうわけでも
ないんですが、心の持ちようが変わるっていうか。

ちょっとだけ、日常、変えてみませんか?


トイレ掃除といえば、こちら。

「そ・わ・か」の法則「そ・わ・か」の法則
(2007/04/17)
小林 正観

商品詳細を見る


そ 「掃除」 トイレ掃除をする
わ 「笑い」 いつも笑顔
か 「感謝」 ありがとうを2万5千回言う

「か」は実践できてません。2万5千回言うと、涙が溢れてくるそうです。
それだけ聞くと、かなり怪しいですよね?眉唾です。私自身もそう感じてます。

でも、本当かどうかなんて実際やってみないとわかりませんよね。
口だけの評論家は意味ありません。やってみて効果あったら儲けもの、
そんなスタンスじゃないと、こういうの読めない気がします。

ただ、これは、大変だよなぁ…。

成功法則系の本は、「はいはい、そうですね」「なんだそれ?」「怪しい」みたいな本が多いですが、少なくとも、「夢をかなえるゾウ」はいいと思いますよ。読み物としても楽しいし。


テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

▲TOP
【2008/05/11】 松下 幸之助「道をひらく」
ちゃんとブログ書こう。

最近、仕事で悩んでいます。
実力不足を実感しつつ、でも、がんばろうって思うけど、
やっぱり、うまくいかない。

そこに壁があって、卑屈になりそうな自分がいて。

そんなときに読んだ本です。

道をひらく道をひらく

(1968/05)
松下 幸之助

商品詳細を見る


局所的な部分ばかり見ている自分に気付きました。
今の自分には、ぴったりな本です。

自分には自分の良さがある。困難もある。仕事は真剣勝負。


-------------

長い人生ときには失敗することもあるなどと呑気にかまえていられない。
これは失敗したときの慰めのことばで、はじめからこんな気がまえでいいわけがない。
真剣になるかならないか、その度合によってその人の人生はきまる。

-------------


その通りなんですよね。もっとがんばろうって思いました。
変に自己啓発的な本を読むよりも全然よかったです。
多くの人が座右の書としているのも納得の一冊でした。

「道をひらく」を読もうと思ったきっかけは、↓の本に載ってたからです。

明日から「仕事ができる」と言われる新・目標達成法 (講談社BIZ) (講談社BIZ)明日から「仕事ができる」と言われる新・目標達成法 (講談社BIZ) (講談社BIZ)

(2008/04/17)
小宮 一慶

商品詳細を見る


目標達成法となってますが、仕事術の本だと思います。
コンパクトにまとまっていて、一節毎に実践行動というまとめが
ついていてわかりやすいです。

小宮さんの記事か何かを読んで、3年連用日記を
つけるようになったんですよね。継続できていませんけど…。

ちょっと気持ち切り替えられた一日でした。

証券アナリストの勉強ばかりで、本を読んでなかったですからね。
たまには読書もいいものです。



テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

▲TOP

試験日カウントダウン



最新の記事

カレンダー

ランキングサイト

勉強方法や仲間を探すには↓を参考にすると便利です。

英語学習 ランキング
人気ブログ

学習(予定)教材

■英語
・NHKラジオ「入門ビジネス英語」
・NHKラジオ「実践ビジネス英語」
・NHKラジオ「Radio News in English」
・1日1分TOEICシリーズ
・出るとこだけ(英単語・文法)
・TOEIC公式問題集

■中小企業診断士
・スピードテキスト・問題集・過去問

おすすめリンク

■英語ブログ
英語とテニスと…?

■資格ブログ
目指せ税理士!~日商簿記3級からの挑戦~
簿記合格にまつわるエトセトラ

過去ログ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。