あと一歩~TOEIC900・診断士受験・ビジネス書~
   130%の力で30度上を向いて毎日を過ごしていきたい。ビジネス書、TOEIC、資格、etc…。自己啓発のつもりが自己満足?ちゃんと活かせてる?たぶん、それが出発点。
取得目標(2009)

■英語
TOEIC870⇒900⇒950
TOEICリスニング満点

■資格
・中小企業診断士

■目標達成・合格
・TOEIC950
・TOEICリスニング満点

Profile

かい

Author:かい
年齢:20代後半
趣味:映画、音楽、
海外旅行、読書、料理

<仕事の変遷>
経営企画⇒商品企画⇒マーケティング

■取得資格
証券アナリスト、簿記2級、
宅建、初級シスアド 他

■TOEICスコア履歴
2009年03月:950
2009年03月:880
2009年01月:875
2008年11月:870
2008年10月:850
2008年09月:755
2007年03月:730
2007年01月:755
2006年11月:755
2006年10月:700
2006年09月:735
2006年03月:725
2004年09月:645
その昔?:550くらい

■使用・所有教材一覧
  ブクログ本棚

カテゴリー


合格体験記

宅建
日商簿記2級
日商簿記3級
FP技能士3級
ビジネス実務法務3級
証券アナリスト1次試験
証券アナリスト2次試験

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

最新コメント(記事毎)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

【--/--/--】 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
【2008/07/30】 証券アナリスト合格!
証券アナリスト2次試験、合格しました!

なぜ受かったのかわからないです。

合格者のコメントで、
「なんで受かったかわからない。とりあえず埋めた」
というのをちょくちょく見かけましたが、納得です。

他業界・未経験・独学・最短合格

受けようとしている方々に対して、
未経験でも、独学でも、受かりますよ
っていう安心材料を提供できたらうれしいです。

落ち着いたら合格体験記を書こうかと思います。
納得感はないものの、受かったから、結果オーライということで。


スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

▲TOP
【2008/07/29】 5つの強みテスト~さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす~
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
(2001/12/01)
マーカス バッキンガムドナルド・O. クリフトン


商品詳細を見る


この本には、カバーの裏にIDが載っています。
ネット上で5つの強みを診断してくれるサイトがあり、そのテストを受けるためのIDになっています。
早速やってみたところ、

私の強みは、

「学習欲」「達成心」「収集欲」「目標志向」「アレンジ」

でした。

当たってるなぁ…と率直に思いました。
人には色々な要素があるので、ランダムに5つ出しても、当てはまるなぁって思うのが、こういうテストにはありがちですね。ですが、なかなか言い当てている感じがしました。納得感があるというか。「アレンジ」っていうのが、特に。強みの一覧とその説明を読みましたが、確かに以下の5つが、一番当てはまるかもしれないと思わせるものでしたよ。


要約すると、自分にせっかちで、不確定要素が多くて複雑なものに興味を持ち、そういった状況の中で、最短ルート、プロセスを見つけて、前に進んでいくのが好き、というようなことだと思います。


ぜひ、みなさんもやってみては? ⇒ サイトは、こちらです。




レポートの説明です。


自分だけの特長的な資質

The Gallup Organizationが長年に渡って実施してきた調査によると、仕事を最も効果的に行うのは、自分の強みと行動を理解している人たちです。このような人たちは、仕事や家庭生活で日々求められていることをやりこなす戦略的な能力に優れています。

自分にどのような知識やスキルがあるかを確かめることによって、基本的な能力はわかりますが、自分の本来の資質に気付き理解することによって、どのような行動を取ることで将来成功を収められられるかがわかります。

「自分だけの特長的な資質」のレポートは、あなたのStrengthsFinderの結果に基づき、上位5つの資質を強い順に並べたものです。 全34項目中、これらの資質があなたの強みの上位5つです。

「自分だけの特長的な資質」は、資質を最大限に活かし、将来の成功につなぐ手がかりとなります。個々の資質に着目したり全体を概観することで、自分にどのような資質があるかをよく把握することができ、さらにそれらを強みとして成長させ、仕事やプライベートの両面で一貫してよい結果を得ることができます。




以下が、5つの強みです。

「学習欲」


あなたは学ぶことが大好きです。

あなたが最も関心を持つテーマは、あなたの他の資質や経験によって決まりますが、それが何であれ、あなたはいつも学ぶ「プロセス」に心を惹かれます。

内容や結果よりもプロセスこそが、あなたにとっては刺激的なのです。あなたは何も知らない状態から能力を備えた状態に、着実で計画的なプロセスを経て移行することで活気づけられます。

最初にいくつかの事実に接することでぞくぞくし、早い段階で学んだことを復誦し練習する努力をし、スキルを習得するにつれ自信が強まる――これがあなたの心を惹きつける学習プロセスです。

あなたの意欲の高まりは、あなたに社会人学習――外国語、ヨガ、大学院など――への参加を促すようになります。

それは、短期プロジェクトへの取組みを依頼されて、短期間で沢山の新しいことを学ぶことが求められ、そしてすぐにまた次の新しいプロジェクトへに取組んでいく必要のあるような、活気に溢れた職場環境の中で力を発揮します。

この「学習欲」という資質は、必ずしもあなたがその分野の専門家になろうとしているとか、専門的あるいは学術的な資格に伴う尊敬の念を求めていることを意味するわけではありません。学習の成果は、「学習のプロセス」ほど重要ではないのです。




「達成欲」


「達成欲」という資質は、あなたの原動力を説明する助けになります。
達成欲は、何かを成し遂げたいという恒常的な欲求を示しています。

あなたには、毎日がゼロからのスタートのように感じられます。あなたは自分自身に満足するために、一日が終わるまでに何か具体的ことを成し遂げなければなりません。

そしてあなたにとって「毎日」とは、平日も週末も休日もすべてを含めた一日一日を意味します。休みを取ったとしても、何も達成することなくその休んだ日が過ぎてしまうと、あなたは不満に感じるでしょう。あなたの中にある炎が、次から次へとあなたを行動に駆り立てます。

一つ何かを成し遂げるとその炎は一瞬しずまりますが、またすぐに燃え出し、次の目標へまた次の目標へと、強制的にあなたを前進させ続けます。達成に対するあなたの執拗な欲求は、必ずしも論理にかなっていないかもしれません。方向すら定まっていないかもしれません。

しかし、飽くことを知らず常にあなたについて回ります。達成欲の旺盛なあなたは、このわずかに満たされない気持ちとうまく付き合っていけるようにしなければなりません。

なにしろ、この気持ちにはそれなりの利点があるのです。長い時間燃え尽きることなく働くために必要なエネルギーを、あなたに与えてくれます。新しい仕事や難しい仕事に取りかかる時、いつでも頼ることができる起爆剤なのです。

これがエネルギーの源となって、あなたは職場のチームが働くペースを設定し、生産性のレベルを定めることができます。これが、あなたを動かし続ける資質なのです。




「収集心」


あなたは知りたがり屋です。あなたは物を収集します。

あなたが収集するのは情報――言葉、事実、書籍、引用文――かもしれません。あるいは形のあるもの、例えば切手、野球カード、ぬいぐるみ、包装紙などかもしれません。集めるものが何であれ、あなたはそれに興味を引かれるから集めるのです。

そしてあなたのような考え方の人は、いろいろなものに好奇心を覚えるのです。世界は限りなく変化に富んでいて複雑なので、とても刺激的です。

もしあなたが読書家だとしたら、それは必ずしもあなたの理論に磨きをかけるためではなく、むしろあなたの蓄積された情報を充実させるためです。もし旅行が好きだとしたら、それは初めて訪れる場所それぞれが、独特な文明の産物や事柄を見せてくれるからです。

これらは手に入れた後、保管しておくことができます。なぜそれらは保管する価値があるのでしょうか? 保管する時点では、何時または何故あなたがそれらを必要とするかを正確に言うのは難しい場合が多いでしょう。

でも、それがいつか役に立つようになるかどうか誰が知っているでしょう。あらゆる利用の可能性を考えているあなたは、モノを捨てることに不安を感じます。

ですから、あなたは物や情報を手に入れ、集め、整理して保管し続けます。それが面白いのです。それがあなたの心を常に生き生きとさせるのです。そしておそらくある日、その中に役に立つものが出てくることでしょう。




「目標志向」


「私はどこに向かっているのか?」とあなたは自問します。
毎日、この質問を繰り返します。

目標志向という資質のために、あなたは明確な行き先を必要とします。行き先がないと、あなたの生活や仕事はたちまち苛立たしいものになる可能性があります。

ですから毎年、毎月、さらに毎週でさえ、あなたは目標を設定します。この目標はあなたの羅針盤となり、優先順位を決定したり、行き先に向かうコースに戻るために必要な修正をする上で、あなたを助けてくれます。

あなたの目標志向は素晴らしい力を持っています。何故ならそれはあなたの行動をふるいにかけさせるからです。――すなわち、特定の行動が目標へ近づくために役に立つかどうかを本能的に評価し、役に立たない行動を無視します。

そして最終的に、あなたの目標志向はあなたを効率的にさせるのです。当然ながらこの裏返しとして、あなたは遅れや障害や、例えそれがどんなに興味深く見えようとも本筋から外れることにいらいらするようになります。

このことは、あなたを集団の一員として非常に貴重な存在にしています。他の人が脇道にそれ始めると、あなたは彼らを本筋へ連れ戻します。

あなたの目標志向は、目標に向かって進むために役に立っていないものは重要ではないということを、あらゆる人に気付かせます。そしてもし重要でないなら、それは時間を割く価値がないということです。あなたは、あらゆる人を進路から外れさせません。




「アレンジ」


あなたは指揮者です。

たくさんの要素を含む複雑な状況に直面すると、最も生産性の高い組み合わせにそれらをアレンジしたと確信するまで、何度も並び替えを繰り返し、全ての要素を自分で管理することを楽しみます。

あなたは、自分の行為を特別ではないと考えています。
あなたは、物事を行うのに最良の方法を見つけ出そうとしているに過ぎません。

しかしこのような資質を備えていない人はあなたの器用さに感嘆し、「そんなに多くの事を、どうやって一度に考えられるのですか?」と訊くでしょう。「どうしたらそんなに柔軟でいられるのですか。たった今思いついたことを新しくアレンジするために、既に十分練った計画を棚上げすることができるなんて?」。

でも、あなたはこれ以外の行動の仕方など想像することができません。旅行の直前に、急にもっと割安な運賃が利用できることになって予定を変更する場合でも、新しいプロジェクトを成功させるために、人材と資源の適切な組み合わせをじっくり考える場合でも、あなたは柔軟性を効果的に発揮するという点で素晴らしいお手本です。

単純なことから複雑なことまで、あなたはいつも最善の「構成」を探します。変化の激しい状況でこそ、あなたはベストを発揮できます。

予期せぬ事態に直面すると、苦心して立てた計画を変えることはできないと文句を言う人もいれば、現行の規則や手続きを盾にして逃げる人もいます。

あなたは、そのどちらでもありません。それどころか、あなたは混乱の中に飛び込み、新しい選択肢を工夫し、抵抗が最も少ない新たな道を探し求め、新しい協調関係を見つけ出します。結局のところ、もっと良い方法があるかもしれないと思うので、そうするのです。




テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

▲TOP
【2008/07/06】 読書という病気
読書が好きです。

ですので、ちょくちょく本を買います。
本を買うときは、値段よりも置く場所の心配をしてしまう、
そんな状況です。共感してくださる方はいるのでしょうか。

本の整理ってどうしてますか?

たまには見る。捨てるには微妙。
こういう本が一番困ります。倉庫が欲しい。


ときどき、

ビジネス書を読むのはなんのため?
仕事ため?将来のため?

それとも、目の前の不安をごまかすため?

なんて考えたりします。

ビジネス書って、なんていうか、不安をなくす成分が
入っているような気がします。読むと安心。何も状況は
変わっていないかもしれないのに。

たくさん読みます。
でも、何か身に付いているのか?役に立っているのか?
と、自問自答しても、いい答えは出てこない気がします。
そういう不安を抱えたりしませんか?

読書の過食、消化不良。
そんな気がしていまいます。


部屋の汚れは、精神状態の表れ。
水周りの汚れは、余裕のなさの表れ。
観ている映画は、そのときの心境の表れ。
本棚に並ぶ本は、仕事に対する不安の表れ。

客観的に見た自分。


テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

▲TOP
【2008/07/05】 辛い時期を乗り越えて
最近、この本を読んでいます。

世界一わかりやすいプロジェクト・マネジメント世界一わかりやすいプロジェクト・マネジメント
(2005/04)
サニー ベーカーG.マイケル キャンベル

商品詳細を見る



確かにわかりやすい。

第1章の第1項目が

「プロジェクト」対「定常業務」

となっています。

今までの短い社会人生活を振り返ってみると、いわゆる定常業務、定型業務というのがほとんどなかった気がします。事務作業は除いたとして。かといって、プロジェクトか?と言われると、そういう実感がないものも多いです。

常に何か新しいことがあって、いつも悪戦苦闘。困ると本を読んだり、社内の誰かに話を聞きに行ったり、そんな毎日でした。最近、特にそうです。

こんなの無駄だよ、とか、辛いよ、とかそういう仕事も結構ありました。
ざっくりとしたシミュレーション、収支改善計画というような将来に対するもの、実績報告・分析といった過去に対するもの、そういった数字関連の仕事が一時期たくさん舞い込んでいた時期もあり。
身近にそういうものをできる人(耐えられる人)が少なかったのかもしれませんが、そればっかりやってるのも、なかなかきつかったです。

そのおかげで、任せられる仕事も徐々に出てきたりしています。

そういう意味では、あのしんどい時期も無駄ではなかったな、と。なんていうか、消化できたような気がします。
(それ以上に、しんどい仕事もその後たくさんあったわけですが…)

私の考え方のひとつに、

「どんな辛さ・痛さでも、2、3日すれば、どのくらい辛かったか、痛かったかなんて、正確に思い出すことはできない」

というものがあります。仕事とは関係ない、ある経験を通して、そういう考え方を身につけました。


だから、これまでもがんばれたし、これからもがんばれるんだと思います。
情熱を持ちつつ、淡々を日々を過ごしていきたいと思います。





テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

▲TOP

試験日カウントダウン



最新の記事

カレンダー

ランキングサイト

勉強方法や仲間を探すには↓を参考にすると便利です。

英語学習 ランキング
人気ブログ

学習(予定)教材

■英語
・NHKラジオ「入門ビジネス英語」
・NHKラジオ「実践ビジネス英語」
・NHKラジオ「Radio News in English」
・1日1分TOEICシリーズ
・出るとこだけ(英単語・文法)
・TOEIC公式問題集

■中小企業診断士
・スピードテキスト・問題集・過去問

おすすめリンク

■英語ブログ
英語とテニスと…?

■資格ブログ
目指せ税理士!~日商簿記3級からの挑戦~
簿記合格にまつわるエトセトラ

過去ログ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。