あと一歩~TOEIC900・診断士受験・ビジネス書~
   130%の力で30度上を向いて毎日を過ごしていきたい。ビジネス書、TOEIC、資格、etc…。自己啓発のつもりが自己満足?ちゃんと活かせてる?たぶん、それが出発点。
取得目標(2009)

■英語
TOEIC870⇒900⇒950
TOEICリスニング満点

■資格
・中小企業診断士

■目標達成・合格
・TOEIC950
・TOEICリスニング満点

Profile

かい

Author:かい
年齢:20代後半
趣味:映画、音楽、
海外旅行、読書、料理

<仕事の変遷>
経営企画⇒商品企画⇒マーケティング

■取得資格
証券アナリスト、簿記2級、
宅建、初級シスアド 他

■TOEICスコア履歴
2009年03月:950
2009年03月:880
2009年01月:875
2008年11月:870
2008年10月:850
2008年09月:755
2007年03月:730
2007年01月:755
2006年11月:755
2006年10月:700
2006年09月:735
2006年03月:725
2004年09月:645
その昔?:550くらい

■使用・所有教材一覧
  ブクログ本棚

カテゴリー


合格体験記

宅建
日商簿記2級
日商簿記3級
FP技能士3級
ビジネス実務法務3級
証券アナリスト1次試験
証券アナリスト2次試験

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

最新コメント(記事毎)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

【--/--/--】 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
【2008/09/10】 読書は学び?遊び?仕事って?
趣味は読書です。
といっても、差し支えないくらいは
本を読むことが好きだと思います。

いわゆる、活字を目で追うのが好きなタイプです。


ビジネス書、ちょこちょこ読みますが、

「本を読む=勉強」

っていう意識がありません。

資格・語学は勉強っていう感じがします。

この感じ、伝わりますでしょうか。

雑誌を読んでいるとたまに、
「週のうち、自分のための勉強に何時間使っているか」
といったアンケートを目にします。

決まって円グラフになっているようなやつです。

(関係ないですけど、仕事では全くといっていいほど
使わない円グラフですが、世の中ではものすごくよく
見かける気がします。なぜなんでしょう)


はて、勉強って??


本を読んでいると、大抵
「本を読んでいる場合じゃない。勉強しないと」
って思うんですよね。
(特に今は英語の勉強をしているせいもありますが)


若干話が反れますが、同じように、仕事って?っていうのもあります。

例えば、何か解決策を一生懸命考える仕事があったとします。

机で考えているよりも、お風呂の中、電車の中、歩いている最中、
そういうときに考えた方が、考えが深まる感覚があります。

会社で仕事をしていない方が結果として
仕事が捗るっていう状況ですね。

理由としては、以下の2点が考えられます。
①単純に集中できるから
②目の前にデータがないから


①に関して。

別のことをしながら、じっと考える方が集中できる気がします。
そして、誰かに邪魔されないで一人で考えられる。

何か考え事をしながら、駅から自宅まで歩いていたら、
いつの間にか自宅に着いてた。例えば、そういう感覚です。

あとは、何か単純作業をしていると、集中できたりしますよね。

(普段の仕事は集中してないんかい、っていう話ですが…)


②に関して。

データを分析して結論を出すとき等は、なるべくデータに
埋もれないように注意しています。

目の前に大量のデータがある。
切り口はいくらでもある。
そして、便利なエクセル。

こういう状況にあると、
こんな集計してみたり、こんなグラフ作ってみたり、
その作業に時間を取られてしまってしまいがちです。

たくさんのファイル、たくさんの表、たくさんのグラフ。

そうじゃなくて。


ある程度の概要を把握したら、データから離れる。

そして、考える。想像する。

頭の中では、たぶんこんな感じで。
(これが正しいとは、全然思ってませんが…)

---------------------
たぶんこういう結論じゃないかなぁ。
でも、こういうことも考えられるなぁ。

それを判断する要素としては、
これとこれとこれかな。
ポイントはこの辺かなぁ。
インパクトがあるのはどれだろ。

ってことは、あれとあれを使って分析すれば、
こういう結果になるだろうから、わかるかな。


やってみよう。
---------------------



って考えてから、実際の作業をしたりします。

もしくは、考えた段階で、手書きで想像上のグラフを書いたり、
紙芝居みたいにしてストーリーを作ることもあります。

実際の結果が、それ違ったものであれば、
それはそれで修正してみて、また考えてみて。

それである程度方向性が見えてきたら、



---------------------
こういうことがわかったってことは、こうすべき
なんだろうな。そのためには、これとこれに
取り組む必要があるのかな。こんなことしたら、
おもしろいかも。

でも、この辺はちょっとわからないな。
誰々さんに聞いてみたら、いい情報知ってるかも。
そうしたら、もうちょっと具体的になるかな。

うーん、こういう感じで、うまくいくかなぁ。
---------------------


こういうのって、目の前にいじれるデータがあると
落ち着いて考えられない気がします。無理やり
その場から離れて考えると、なんとなくストーリーが
まとまったりします。

あとは、
「あ、あの本にいいアイデア、載ってかも。こんな
分析の仕方をしてみたらいいのかも」
って思って、本を読んでみたり。

こういうときって、残業もせず、さっさと帰って、
あーでもない、こーでもない色々考えを巡らせてます。
こういうのが好きなのかもしれません。



これって、どこまでが仕事?


なんて思ったり。


スポンサーサイト

テーマ:資格・スキルアップ・仕事 - ジャンル:ビジネス

▲TOP
【2008/09/07】 スティーブ・ジョブズのスピーチ
最近、久々に英語の勉強を始めています。

そこでふと思い出したのが、スタンフォード大学の卒業式で
行われたスティーブ・ジョブズのスピーチです。

日本語訳だけは読んだことがあります。

プレゼンテーションの天才ともいわれるスティーブ・ジョブズですが、
そういえば、実際に話しているところを意識して見たことがないなと
思って、Youtubeで検索してみました。あっさり見つかるものですね。

非常に心打たれるスピーチですね。日本語訳を読んだだけでも、
感銘を受けてましたが、実際話しているものを見ると、さらに心に
響くというか。

ユーモアあり、勇気付けるところあり、泣かせるところあり、
卒業式にふさわしいスピーチである気がします。

mp3があるので、それを携帯して、通勤時によく聞いてます。

スピーチは3部構成になっていて、最初が「点と点をつなぐ」
という話です。

これって、最近よく言われているプランド・ハップンスタンス理論に
近い話なのかもしれませんね。久々に目を通したのが以下の2冊。
たまに読むと色々考えさせられる本です。

キャリアショック ―どうすればアナタは自分でキャリアを切り開けるのか? SB文庫キャリアショック ―どうすればアナタは自分でキャリアを切り開けるのか? SB文庫
(2006/06/28)
高橋 俊介


商品詳細を見る


ラッキーをつかみ取る技術 (光文社新書)ラッキーをつかみ取る技術 (光文社新書)
(2005/01/14)
小杉 俊哉

商品詳細を見る


特に小杉俊哉さんの本は好きで、こんな本も手元にあります。


好きにやっても評価される人、我慢しても評価されない人好きにやっても評価される人、我慢しても評価されない人
(2006/09/26)
小杉 俊哉

商品詳細を見る


キャリア・コンピタンシー―新・知的ビジネス・スキル講座 (新知的ビジネス・スキル講座)キャリア・コンピタンシー―新・知的ビジネス・スキル講座 (新知的ビジネス・スキル講座)
(2002/05)
小杉 俊哉


商品詳細を見る


29歳はキャリアの転機―留学か、転職か、そろそろ次のことを考えてみようか29歳はキャリアの転機―留学か、転職か、そろそろ次のことを考えてみようか
(1998/05)
小杉 俊哉

商品詳細を見る



気になった方は、ぜひ。






▲TOP

試験日カウントダウン



最新の記事

カレンダー

ランキングサイト

勉強方法や仲間を探すには↓を参考にすると便利です。

英語学習 ランキング
人気ブログ

学習(予定)教材

■英語
・NHKラジオ「入門ビジネス英語」
・NHKラジオ「実践ビジネス英語」
・NHKラジオ「Radio News in English」
・1日1分TOEICシリーズ
・出るとこだけ(英単語・文法)
・TOEIC公式問題集

■中小企業診断士
・スピードテキスト・問題集・過去問

おすすめリンク

■英語ブログ
英語とテニスと…?

■資格ブログ
目指せ税理士!~日商簿記3級からの挑戦~
簿記合格にまつわるエトセトラ

過去ログ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。