あと一歩~TOEIC900・診断士受験・ビジネス書~
   130%の力で30度上を向いて毎日を過ごしていきたい。ビジネス書、TOEIC、資格、etc…。自己啓発のつもりが自己満足?ちゃんと活かせてる?たぶん、それが出発点。
取得目標(2009)

■英語
TOEIC870⇒900⇒950
TOEICリスニング満点

■資格
・中小企業診断士

■目標達成・合格
・TOEIC950
・TOEICリスニング満点

Profile

かい

Author:かい
年齢:20代後半
趣味:映画、音楽、
海外旅行、読書、料理

<仕事の変遷>
経営企画⇒商品企画⇒マーケティング

■取得資格
証券アナリスト、簿記2級、
宅建、初級シスアド 他

■TOEICスコア履歴
2009年03月:950
2009年03月:880
2009年01月:875
2008年11月:870
2008年10月:850
2008年09月:755
2007年03月:730
2007年01月:755
2006年11月:755
2006年10月:700
2006年09月:735
2006年03月:725
2004年09月:645
その昔?:550くらい

■使用・所有教材一覧
  ブクログ本棚

カテゴリー


合格体験記

宅建
日商簿記2級
日商簿記3級
FP技能士3級
ビジネス実務法務3級
証券アナリスト1次試験
証券アナリスト2次試験

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

最新コメント(記事毎)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

【--/--/--】 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
【2009/06/28】 TOEIC第147回 2009年6月28日
雨の日のTOEIC。「4FIC12」でした。

会場は近くでした。ちょっと時間やばいかなって思って、小走りしてたら、予想以上に蒸し暑くて、軽く滝汗状態・・・。

席は一番後ろ。いつも後ろの方なんですけど、これはなんなんでしょうか。。。でも、言い訳はしないと決めているので、それはそれでがんばりました。うん。えらい。

前回、TOEICを受けたときに感じたんですが、良くも悪くも試験に慣れてしまって、真剣味が足りないような気がしています。集中力が足りない。しかも、勉強していないから、余計に惰性になってしまっていると感じています。

7月は受験しませんので、次回は9月。

このときは、がっつり勉強して、本気でがんばりたいと思います。



さて、ここからが本題。

今日は、雨でしたね。しかも、試験終了後は、結構な雨脚。

今回の会場は、会場から駅まで結構距離がありました。狭い道もあったりで、ちょっとした行列になってたんですよね。

で、たまたま隣(ちょっと後ろ)に女の子が歩いていました。その女の子は、傘を持っておらず、かといって、早く歩こうにも行列になっていて、なかなか進めず。

で、たまたま目があって、

私 「△△駅までですか?傘入ります?あ、もし迷惑じゃなければ」
女の子 「あ、大丈夫です・・・」
私 「でも、結構濡れてますよ?」
女の子 「あ、いえ・・・」
私 「あまり気にしないで大丈夫ですよ」
女の子 「あ、じゃあ・・・。ありがとうございます」

みたいな、展開になったとね。

普段は、こんなことしません。でも、なんとなく。さすがに、雨でずぶ濡れになりそうな女の子が隣に歩いてたら、なんか放っておけなくて。

今日の試験の話とか、TOEICの話とか、まぁ、当たり障りのない話をしてました。女子大生かなって思ってたら、社会人1年目の女の子で、仕事とか社会人生活ってどう?とか、まぁ、そんなことも話つつ。

しかも、スコアが似てて、お互い900超えを狙っていることもあり、話としては結構盛り上がって、結局、駅まで一緒に歩いてたんですよね。

実は帰る方面も同じだったんですけど、ちょうど用事もなくはなかったし、私は逆方向のホームに行きました。別に連絡先を聞くわけでもなく、どっかでお茶するわけでもなく、そのまま、「じゃねー」みたいな感じで、それはそれでおしまい。別にナンパしたいわけでもないし、何かがんばる元気なかったし。

でも、TOEICの試験、何回も受けてますが、こういうこともあるんだなぁと。もしここで、がんばってたら、TOEICがきっかけで・・・的な、あだち充的な展開になったりして、TOEIC関連ブログの中では稀有な夢のある経験に発展していったのかもしれません(んなわけない)。

全国各地のTOEIC会場のどこかで、そんなことがあるのかもしれませんよ。

いつか、どこかで。

※ただしイケメンに限る

(⊃Д`)゜。


まぁ、そんな茶番。


スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

▲TOP
【2009/06/10】 『V字回復の経営』 『 「日本の経営」を創る』
昨日の日経新聞の下段広告に三枝匡さんの書籍が紹介されていましたね。
(新聞広告を読むのが結構好きなんです)。

ビジネス小説3部作のうちの、「V字回復の経営」がクローズアップされていました。

V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)
(2006/04)
三枝 匡

商品詳細を見る


同じくらいのタイミングで、「ビジネス新刊書籍ニュース」というメルマガでも、紹介されていて、「おや?」と思ったんですよね。何か改訂でもあったのかと思ったのですが、そうでもないようです。たぶん、今の時流に合わせて、広告宣伝したんでしょうね。

(ちなみに、メルマガ「ビジネス新刊書籍ニュース」はオススメです。ダイヤモンド社、東洋経済、日本経済新聞のビジネス書の新刊情報が毎週届きます。http://biznews.ne.jp/


話を元に戻します。
以前も書きましたが、何回読んでもおもしろいのがこの三枝匡さんのシリーズです。

「V字回復の経営」は、戦略論も確かにおもしろいんですけど、人と人の泥臭さや気概のようなものにも焦点が当てられています。ある意味精神論。でもそれがいいんですよ。

仕事柄、ある程度、統括・推進するような立場にいることもあると思うんですが、組織(というより集団)の在り方を考える機会があったり、反抗的な人、消極的な人に対してどうすればいいのか悩んだり、そういうことって、どうしても多いです。

ですので、この小説で描かれている社内の人間関係がリアルだったり、なるほどって思ったり、主人公たちの苦労しながら前に進む姿に、がんばらないとって励まされたりしたものです。

まだまだペーペーなので、大したことではないんですけどね。

ところで、三枝匡さんの新刊が少し前に発売されました。
伊丹敬之さんと共著、という豪華な本です。

「日本の経営」を創る「日本の経営」を創る
(2008/11/22)
三枝 匡伊丹 敬之

商品詳細を見る



いやー、いい本なんですよ、これ。ここ最近読んだ本の中では、かなり上位。

というのも、結構前から、私の個人的な関心、問題意識に

「グローバルスタンダードは当然取り入れていくべきだけど、日本(人)には日本(人)の良さがあるんだから、それをうまく活かしたあるべき姿ってないのかな」

というのがあるんですよね。

アメリカの経営が一番いい、と無意識的にも考えられているような気がして。それをお手本にするべき、それができていないのは遅れてる、とでも言いたそうな風潮ってありますよね。これはまぁ、ビジネスに限ったことではないですが。

でも、日本人のメンタリティにも、絶対いいところがあって、それを見つめていくことも必要なんじゃないかなって思ってたんですよね。うまい例えじゃないかもしれませんが、改善していこうっていう風土だって、ある意味、日本人らしさ、日本人の良さ、なんじゃないのかなと。別にイノベーションだけが偉いわけじゃなくて、日々の改善だって重要なんだと思うんですよね。

グローバルスタンダードも確かに大切なんですけど、右に倣えで、それに合わせていくだけがいいのか、と疑問に思ったりしてたわけです。

アメリカだけでもダメで、今までの日本だけでもダメで、和魂洋才の感じがちょうどいいのかもしれませんよね。

「これが正しい」と言われると、「ホントにそうなの?」って思ってしまう、そんなひねくれた私には、ぴったりの本だったんですよね。

「うんうん」って思いながら読みました。

「創って、作って、売る」のサイクルとか、今まで三枝さんの著書で触れられた内容に、伊丹さんが合いの手を入れたり、逆に伊丹さんが、実務家の三枝さんに疑問を投げかけたり、そういう対話が中心の本です。

明日の仕事に役に立つとは限らないですけど、読んで損をする本ではないのかな、と思います。



テーマ:資格・スキルアップ・仕事 - ジャンル:ビジネス

▲TOP
【2009/06/07】 「砂漠」 伊坂幸太郎
伊坂幸太郎の本で、新書・文庫になっているものは一通り読みました。

全然知らなかったんですけど、伊坂幸太郎って、春樹チルドレンって言われているらしいですね。「オーデュボンの祈り」を読んだときに、「村上春樹っぽい感じがおもしろそう」とブログに書きましたが、春樹チルドレンって呼ばれてるくらいなら、それは当然ですね。村上春樹LOVEな感じがしてしまって、それはそれで、複雑な気分です。


伊坂幸太郎を読んでみて、あらためて思ったのは、ミステリってあんまり好きじゃないのかもなってことです。衝撃のラスト、みたいな話の展開じゃなくて、もっと淡々と進んでいく話が好きみたいです。

そんな中、一通り読んでみて、好きだったのは、「オーデュボンの祈り」「ラッシュライフ」、そして、今日取り上げる「砂漠」です。


砂漠 (Jノベル・コレクション)砂漠 (Jノベル・コレクション)
(2008/08/01)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



大学生活の青春とちょっとした冒険と、恋と、なんとかと。

私は読んでいて、ドラマ「オレンジデイズ」を思い出しました。こんな大学生活があったらいいなぁ、と大学生ながらにして思ったものです、はい。青春。

好きなんですよ、青春もの。はい。

「夜のピクニック」に、「青春って、本人にはわからないけど、他人から見ると青春しているように見える」というセリフがありました。きっとそういうものなんでしょうね。私の数奇に満ちた大学生活も周りから見れば、きっと青春に見えたことでしょう。はい。

まー、そんな青春満載の話に、伊坂幸太郎らしいテイストが混ざったのが、「砂漠」です。主人公は、村上春樹に出てくるっぽい感じの男の子で、それを囲む友人4人と色々あったりなかったりして、そりゃもう青春最高な感じなわけです。四季で章立てされていて、それぞれある程度完結した話なので読みやすいし、引き込まれる話でした。

ミステリが好きで、青春っぽい感じの話が好きで、「へー」ってなるような話の展開が好きな人は、ぜひ読んでみてください。すごいおもしろいわけではないですけど、読む人を選ばない読みやすい小説だと思います。


それと、「砂漠」は、印象的なセリフが多かったです。伊坂幸太郎の本は、どれも名言めいたものが多いわけですが、軽い感じのセリフでよかったと思います。

「なんてことは、まるでない」
「笑っている△△の隣にいるのは、俺じゃないと嫌だって思ったんですよ」

(△△は女の子の名前です)

このふたつがなかなか印象に残っています。

「なんてことは、まるでない」は、おもしろいセリフまわしなんですけど、どうおもしろいのか説明するのが難しいんですよね。ちょっとだけ笑えます。読めばわかります。読んだときに、「あー、このことか」と、思ってみてください。

「笑っている△△の隣にいるのは、俺じゃないと嫌だって思ったんですよ」の△△に、好きな子の名前でも入れて、口説いてみたら、うまくいきかもしれませんよ。作中のこのセリフは、言っているキャラにはぴったりでよかったんですよね。


ある日、会社帰りにとある女の子と飲んでました。
相手は目上だったので、私は敬語を使っていたわけですが、お互い色々相談しあえるような関係だったわけです。

ちょっと暖かくなってきた陽気だったので、酔い覚ましがてら、二人並んでブラブラ歩いていました。街頭の並ぶ川沿いの道を歩いていて、普段はしないような真面目な話もしていました。

たまたま最近読んだ本の話になったんですよね。それで、この「砂漠」の話をしていました。

私「くさいけど、いいセリフがあって」
女友達「へぇ、どんなの?」
私「いやー、口にするのが恥ずかしいんで、本を貸しますから、読んでみてくださいよ」
女友達「ケチ。度胸がない」
私「いやいや・・・」
女友達「そういうのはよくない」

そのときは、それで終わりました。

で、また色々どうでもいい話を続けていて、

私「そういえば、最近、ふと思ったんですけど」
女友達「なに?」

ふと、私が、その女の子の手を突然握って、

私「笑っている△△(女友達)の隣にいるのは、俺じゃないと嫌だって思ったんですよ」

って言ってみました。

・・・沈黙・・・。
お互い手を握ったまま。

さすがに気まずくなって、

私「っていうのが、さっき言ってたくさいセリフなんですよ。ちょっとはドキってしました?」

・・・沈黙。

たまに、じっとこっちを見つめる視線を感じつつ。

そのとき、ふと、女の子が、力強く、ぎゅって手を握り直してくれたんですよね。


それが、今の彼女と付き合ったきっかけです。



なんてことは、まるでない。




テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

▲TOP

試験日カウントダウン



最新の記事

カレンダー

ランキングサイト

勉強方法や仲間を探すには↓を参考にすると便利です。

英語学習 ランキング
人気ブログ

学習(予定)教材

■英語
・NHKラジオ「入門ビジネス英語」
・NHKラジオ「実践ビジネス英語」
・NHKラジオ「Radio News in English」
・1日1分TOEICシリーズ
・出るとこだけ(英単語・文法)
・TOEIC公式問題集

■中小企業診断士
・スピードテキスト・問題集・過去問

おすすめリンク

■英語ブログ
英語とテニスと…?

■資格ブログ
目指せ税理士!~日商簿記3級からの挑戦~
簿記合格にまつわるエトセトラ

過去ログ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。