あと一歩~TOEIC900・診断士受験・ビジネス書~
   130%の力で30度上を向いて毎日を過ごしていきたい。ビジネス書、TOEIC、資格、etc…。自己啓発のつもりが自己満足?ちゃんと活かせてる?たぶん、それが出発点。
取得目標(2009)

■英語
TOEIC870⇒900⇒950
TOEICリスニング満点

■資格
・中小企業診断士

■目標達成・合格
・TOEIC950
・TOEICリスニング満点

Profile

かい

Author:かい
年齢:20代後半
趣味:映画、音楽、
海外旅行、読書、料理

<仕事の変遷>
経営企画⇒商品企画⇒マーケティング

■取得資格
証券アナリスト、簿記2級、
宅建、初級シスアド 他

■TOEICスコア履歴
2009年03月:950
2009年03月:880
2009年01月:875
2008年11月:870
2008年10月:850
2008年09月:755
2007年03月:730
2007年01月:755
2006年11月:755
2006年10月:700
2006年09月:735
2006年03月:725
2004年09月:645
その昔?:550くらい

■使用・所有教材一覧
  ブクログ本棚

カテゴリー


合格体験記

宅建
日商簿記2級
日商簿記3級
FP技能士3級
ビジネス実務法務3級
証券アナリスト1次試験
証券アナリスト2次試験

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

最新コメント(記事毎)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

【--/--/--】 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
【2009/06/10】 『V字回復の経営』 『 「日本の経営」を創る』
昨日の日経新聞の下段広告に三枝匡さんの書籍が紹介されていましたね。
(新聞広告を読むのが結構好きなんです)。

ビジネス小説3部作のうちの、「V字回復の経営」がクローズアップされていました。

V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)
(2006/04)
三枝 匡

商品詳細を見る


同じくらいのタイミングで、「ビジネス新刊書籍ニュース」というメルマガでも、紹介されていて、「おや?」と思ったんですよね。何か改訂でもあったのかと思ったのですが、そうでもないようです。たぶん、今の時流に合わせて、広告宣伝したんでしょうね。

(ちなみに、メルマガ「ビジネス新刊書籍ニュース」はオススメです。ダイヤモンド社、東洋経済、日本経済新聞のビジネス書の新刊情報が毎週届きます。http://biznews.ne.jp/


話を元に戻します。
以前も書きましたが、何回読んでもおもしろいのがこの三枝匡さんのシリーズです。

「V字回復の経営」は、戦略論も確かにおもしろいんですけど、人と人の泥臭さや気概のようなものにも焦点が当てられています。ある意味精神論。でもそれがいいんですよ。

仕事柄、ある程度、統括・推進するような立場にいることもあると思うんですが、組織(というより集団)の在り方を考える機会があったり、反抗的な人、消極的な人に対してどうすればいいのか悩んだり、そういうことって、どうしても多いです。

ですので、この小説で描かれている社内の人間関係がリアルだったり、なるほどって思ったり、主人公たちの苦労しながら前に進む姿に、がんばらないとって励まされたりしたものです。

まだまだペーペーなので、大したことではないんですけどね。

ところで、三枝匡さんの新刊が少し前に発売されました。
伊丹敬之さんと共著、という豪華な本です。

「日本の経営」を創る「日本の経営」を創る
(2008/11/22)
三枝 匡伊丹 敬之

商品詳細を見る



いやー、いい本なんですよ、これ。ここ最近読んだ本の中では、かなり上位。

というのも、結構前から、私の個人的な関心、問題意識に

「グローバルスタンダードは当然取り入れていくべきだけど、日本(人)には日本(人)の良さがあるんだから、それをうまく活かしたあるべき姿ってないのかな」

というのがあるんですよね。

アメリカの経営が一番いい、と無意識的にも考えられているような気がして。それをお手本にするべき、それができていないのは遅れてる、とでも言いたそうな風潮ってありますよね。これはまぁ、ビジネスに限ったことではないですが。

でも、日本人のメンタリティにも、絶対いいところがあって、それを見つめていくことも必要なんじゃないかなって思ってたんですよね。うまい例えじゃないかもしれませんが、改善していこうっていう風土だって、ある意味、日本人らしさ、日本人の良さ、なんじゃないのかなと。別にイノベーションだけが偉いわけじゃなくて、日々の改善だって重要なんだと思うんですよね。

グローバルスタンダードも確かに大切なんですけど、右に倣えで、それに合わせていくだけがいいのか、と疑問に思ったりしてたわけです。

アメリカだけでもダメで、今までの日本だけでもダメで、和魂洋才の感じがちょうどいいのかもしれませんよね。

「これが正しい」と言われると、「ホントにそうなの?」って思ってしまう、そんなひねくれた私には、ぴったりの本だったんですよね。

「うんうん」って思いながら読みました。

「創って、作って、売る」のサイクルとか、今まで三枝さんの著書で触れられた内容に、伊丹さんが合いの手を入れたり、逆に伊丹さんが、実務家の三枝さんに疑問を投げかけたり、そういう対話が中心の本です。

明日の仕事に役に立つとは限らないですけど、読んで損をする本ではないのかな、と思います。



テーマ:資格・スキルアップ・仕事 - ジャンル:ビジネス

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://iwish2006.blog47.fc2.com/tb.php/144-784eb1fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
試験日カウントダウン



最新の記事

カレンダー

ランキングサイト

勉強方法や仲間を探すには↓を参考にすると便利です。

英語学習 ランキング
人気ブログ

学習(予定)教材

■英語
・NHKラジオ「入門ビジネス英語」
・NHKラジオ「実践ビジネス英語」
・NHKラジオ「Radio News in English」
・1日1分TOEICシリーズ
・出るとこだけ(英単語・文法)
・TOEIC公式問題集

■中小企業診断士
・スピードテキスト・問題集・過去問

おすすめリンク

■英語ブログ
英語とテニスと…?

■資格ブログ
目指せ税理士!~日商簿記3級からの挑戦~
簿記合格にまつわるエトセトラ

過去ログ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。